耳折れ猫


photo by Lumix LX3 ハイキー過ぎ

スコティッシュフォールドの耳折れちゃん、男の子の神楽。

私がまだ高校生だったころ・・・ペットショップにいた猫っていうのはペルシャかシャムかアビシニアン程度。
ロシアンブルーかスコティッシュフォールドはどうやったら入手できますか、と店に訪ねて目を丸くされていたのが
嘘のような今ですが。(当時、私はブルーの毛色の猫はほんとに青い毛だと思っていた)
京都の、今はもうないのかな、ビブレには白ペルシャオンリーのお店が階段脇にあったよーな・・・
かわいい白三毛の耳折れスコの茶々姫が我が家にきた日は2006年の3月。
猫ブログのお友だち宅ではたまに見かけたその姿、スコは学生時代にほしいと思ったことがあったけどそのあと
アウトオブ眼中で、なぜか姫に一目ぼれし我が家に迎えたそのあたりからすごいスピードでペットショップに
CMに、猫本に登場しだし、いろいろ問題もあったりしながら人気は衰えず・・・もう4年もたっているんですねー。

スコを知らない人がいないくらい、当たり前な猫になってきましたね。アメショより頭数多いでしょうね。

うちの神楽も、亡き茶々姫も、椛も・・・弾丸ボーイ、弾丸ガールです・・・

スコはぼーっとしている・・・というのは嘘ではないと思いますが、少なくとも我が家のスコは、ワルです・・・
かなり、ワル!でもかわいいので許してしまう・・・しつけができていないとはいわないと思う・・^^;

3 のコメント

  1. ワル。。。タレ耳&丸顔の愛嬌から許されちゃうこともおおいけど、性格は結構悪いかなぁと我が家の左馬介見てても思います(苦笑
    単純と言えば単純なんだけど弱い者いじめしたり、猫と人に対しての態度を使い分けてたりとか、案外スコって侮れないのかも?

    伽羅
  2. 「スコはぼーっとしている・・・」と見えなくもない、かな?
    でも面倒見がいいよ。
    ルナ以下の子守り(?)ちゃんとしてくれたもの(^▽^*)
    今じゃそこそこ歳食って、あんまり私がかまうと人間の子どもみたいに母親をうざがるようになって生意気ね。

    ハロ
  3. かぐたんはボーとしていると思ったけど弾丸ボーイだったのね。
    うちはテンちゃんがボーとしてて七宝が弾丸。
    だから立ち耳スコは弾丸なんだと勝手に解釈してました。

コメントは締め切られています。