白王子様と黒毛玉



懐かしいフィルム写真です。
今はもういない、先代猫の白いペルシャ、ピカソと、里親募集して残ったのでうちにもらった黒猫ミックスのレオ。こーんなちいさかった。共働きの時代だったので、レオの小さい頃をまったくといっていいほど、覚えていない私。

そのかわり、この白王子の記憶は強烈に残っているのだ。
こんなゴージャスで気位の高かった子は、いまだかつてお目にかかったことがない。
ゴージャスなはずなのに万年ザンギリ坊主でかわいそうだった。スタッドテールが酷かった。なにせ最後まで虚勢しなかった立派な雄猫だった。